FC2ブログ

伏魔殿より愛をこめて

~ 『熾天使長閣下の華麗なる業務日誌』 ~

カテゴリー "[Free Talk]" の記事

レトロスペクティブ京都・大阪

黎明の子、明けの明星よ、あなたは天から落ちてしまった。
もろもろの国を倒した者よ、あなたは切られて地に倒れてしまった。

                     「イザヤ書」第十四章十二節

千年の期間が終ると、サタンはその獄より解放される。
                     「ヨハネの黙示録」第二十章七節


26日、27日の二日間を利用して、久しぶりに関西に旅行に行ってきた。
昨年の9月以来だから、約半年ぶりの帰洛・帰阪ということか。
本当はもっと頻繁に「F-CON」にも参加したいのだが、
いま少し時間と予算が頂けないことには難しいのだよ。

まずは、サンダーバードに乗り「京都」駅まで。
そのまま「大阪」まで行かなかったのは、「京都駅前駿河屋」で丁稚羊羹を買うためである。
「駿河屋」という名前の和菓子屋(あちこちに暖簾分けされたため)京都各地にあるのだが、
この丁稚羊羹は京都駅前の「駿河屋」にしか置いていない。 (´・ω・`)系列が違うの?



それで、この丁稚羊羹。 大きな栗がゴロっと入っていて本当に美味なのだ。
京都に行ったら、これを買わずして帰ることはできない。

丁稚羊羹を購入後は、そのままJR線と地下鉄御堂筋線を乗り継ぎ「心斎橋」駅まで。
今回のメインイベント「大阪ぐるりお買いものツアー」……の前にランチタイム(*´∀`)



心斎橋でランチと言えば、やはり「北極星」のオムライスを置いて他にはあるまい。
閣下がオーダーしたのは「明太子とシーフードのオムライス」。
醤油風味の明太子ソースがたっぷりとかかり、
卵のなかにはイカやアサリなどの魚介類がザックザク。 美味。
さすがは老舗。 伊達や酔狂で80年以上もの間、オムライスを作り続けているわけではない。

食後は、「まんだらけ」「WEGO」「サンキューマート」「とらのあな」などを回る。
「WEGO」は福井にもあるが品揃えは大阪のほうに軍配が上がるし、
東方Project関連のグッズやアレンジCDは、やはり前述のような専門店に出向く必要がある。

16時過ぎには地下鉄堺筋線と阪急電車を乗り継ぎ、再び京都へ。
今回のメインイベントのひとつである「閣下と美味しいトンカツを食す晩餐会」である。
場所は、恐らく京都で一番有名なトンカツ専門店「かつくら」。 
学生の頃、よく食べに行ったお(´-ω-)しみじみ。

参加メンバーは、私、ピロんげ、会長閣下、ヒラキ氏、および「サークルcelestial」の柊氏。
特にヒラキ氏は遠く愛知県からの参加である。 ありがたいね(´・ω・`)



写真は、閣下がオーダーした「桃園豚ロースかつ膳」。
お値段はいささか張るが、せっかく京都までやって来たのだから多少の贅沢は良いよな。
肉厚だが、とてもやわらかくジューシーで、ほのかな甘みが感じられる。 まさに絶品。

しかしながら、「桃」で「豚」ということで、もはや比那名居 天子しか浮かばない
素晴らしく美味であるトンカツをつかまえて、「てんこ豚」呼ばわりする我々。 最低(笑)。

晩餐会のあとは、東方ヴォーカルアレンジ限定のカラオケ。
らむだーじゃん(「RegaSound」)の人気に嫉妬。
会長閣下と私とで、ほぼ唄い尽くしてしまった。


夜は、適当にインターネットカフェに泊まろうかと考えていたのだが、
ピロんげの好意で自宅に泊めてもらうことに(*´∀`*)ワーイ。
自宅は東山区だと聞いていたので、
「祇園あたりの町家かな」と思っていたのだが、実際は渋谷通の坂の上。 
すぐ隣は「豊国廟」。 思いきり人里離れた山奥である。 ギギギ、傾斜がツラいわね。

ともあれ、深夜の突然の訪問にも関わらず、温かく歓迎してくれたお母様。
翌朝の食事まで用意していただき、本当に有り難うございました。 
たらこおにぎり(´∀`*)美味しかったお!
スポンサーサイト

大三十日の夜に思うことは

大晦日である。

ついこの間、必死に修士論文を執筆していたかと思っていたら
あっという間に一年が経ってしまった(´-ω-)
時間の経過を早く感じるということは、それだけ無為に過ごしているということだな。

私自身の環境における大きな変化といえば、やはり関西の地を離れたことであろう。
京都と大阪、計7年間も関西で暮らしていたワケで
もはや、福井と関西のどちらが故郷なのか分からないほどである。
やむを得ない事情ゆえとはいえ、やはり関西の地を去るというのには辛いものがあった。

「F-CON」を始め、通い慣れたイベントには気軽に参加できなくなるし、
いつもそばに居た仲間たちとも頻繁には会えなくなる。
私の大切なものが、ひとつずつ消えていくような――そのような淋しさを感じたものだ。


それでも、私がその淋しさに押し潰されずにいるのは
何と言っても「mixi」とそのアプリ「セルフィちゃんねる」のお陰である。
オフラインでは離れていても、オンラインでは繋がることができたからだ。
直接会話をすることが出来なくても、「チャット」という手段で“話す”ことができたからだ。

9月には、5年ぶりに「すみれSeptember Love&Peace コンベンション」を開催したが
これも「mixi」「セルフィちゃんねる」無くしては実現不可能であった。

最近は、みな仕事や学業が忙しいらしく
「セルフィちゃんねる」にログインするメンバーは、かなり減ってしまった。
残念ではあるが仕方がないことであるし、私自身も来年以降は恐らくは多忙の日々となる。
それでも、私は寸暇を惜しんででも「セルフィちゃんねる」にログインするだろう。


私は、見た目よりも心の弱い人間なのだ。 
仲間の支え無くしては生きることができない。

ゆえに、私は感謝する。

今年も本当にありがとうございました――来年もどうぞ宜しくお願いします。

自動車の運転できるかな

諸君、閣下は自動車の運転が苦手である。 というか恐ろしく下手だ。
2年前に免許証を取得してから一度も運転していないため、全部スッカリ忘れてしまった。
大阪に住んでいたら自動車なんぞには乗らないもの。
しかしながら、福井で暮らすとなるとどうしても自動車なしでは生活できない。

そういうワケで、今日は2年ぶりに自動車の運転をした。 いわゆるリハビリだな。
もちろん私ひとりでは練習にならないので、父親に助手席に座ってもらう。
ウチの父親はカー用品専門店のオーナーで、
鈴鹿サーキットでも走った経験をもつベテランドライバーである。
教習所の教官のような教示のプロではないとはいえ、アドバイスはくれるしね。


とりあえず、まずは信号機や標識の少ない農道を中心に走行。
が、いきなりパニック状態寸前に陥る私。 
そりゃあ、いつ事故を起こすかと思うと怖くて……(´・ω・`)
父親も私の運転に生命の危険を感じたのか、早々に場所を移して駐車の練習をすることに。

これがまあ、ホント上手くいかない。 バックでの駐車が何度やってもできないのよ。
同乗者にアドバイスを求めても「感覚で覚える」とか実も蓋もないコメント。
感覚でやってもできないから困ってるんだっつーの(笑)。
教習所ではどうやって教えてくれたっけな。
もう少し理論的に説明してくれたような覚えがあるのだけれど。

結局、駐車の練習だけに2時間以上費やした。
それでも、最後の最後まで白線を跨ぐような停め方しかできなかったわ。
ホントどうしてこんなので運転免許を取得できたのかね、私(笑)。


これはいくらやってもダメのような気がするな。 もう1回教習所行こうかな。 
……運転免許取得しているのに教習所入校するヤツなんて居るのか(笑)?

エキゾティック 胸キュン ファンシー Fifth

「ペプシコーラ」の新フレーバーが発売されるたびに試飲し
ネタとして記してきたワケであるが、今回は正直なところ購入しようかどうか迷った。



だって「栗」だぞ?
キュウリ」「シソ」「あずき」「バオバブ」と来て、今秋の新作は「モンブラン」。
“秋なので旬の味覚”という安直なセンスは、あまりに残念でならない。
しかも、甘い炭酸飲料と甘いモンブランを組み合わせて、不味い代物が出来上がるワケがない。
つまり、試飲せずとも最初から「美味しい」ということが予想できてしまうのだ。

嗚呼、サントリー社よ――諸君のフロンティアスピリットはどこに逝った?
「キュウリ」「シソ」などのキワモノ路線は、どこに棄ててしまった? 閣下は悲しいぞ。
ともあれ、これまでも新フレーバーが登場するたびに試飲しているため、今回も購入する。


まず、香りに関しては見事にモンブラン。 
キャップを開封した瞬間に、栗の甘ったるい……もとい、甘美な芳香がフワっと広がる。
味に関していえば、飲んだ瞬間は栗の風味がするのだが、
すぐに強烈な炭酸ですべてが消し飛んでしまう(笑)。
毎度ながら思うのだが、「ペプシコーラ」って炭酸が強すぎやしないか?

良くも悪くも“期待を裏切らない味”であった。 想像通りというか。
とはいえ無果汁で、香料だけでこのフレーバーを出すというのはさすがと言わざるを得ない。


サントリー社には、もっと冒険したフレーバーを発表して欲しいな。
例えば、唐辛子の風味漂う真っ赤なキムチ味とかはどうであろうか。 略称「ペプキム」
私は辛いもの苦手だしキムチ大嫌いだから、万が一発売されても絶対買わないがな(笑)。

あるいは、秋の味覚で攻めるのならば、栗ではなくサンマとかはどうであろうか。
風味という観点からすると、マツタケというのも捨てがたい。
永谷園と共同開発してはもらえないものか。

次回は、もっと奇天烈なフレーバーを期待していますわね(^ω^)

遅れてやって来たC78

さて、先週閣下が大阪に行った最たる理由は、
もちろん「すみれSeptember Love&Peace コンベンション RELOADED」のためである。
しかしながら、理由はそれだけではない。
そう、今夏のコミックマーケート(C78)においてリリースされた、
東方アレンジの音楽CDを購入するためである(笑)。 福井の片田舎では入手できないの。

ということで、今回は閣下が購入したCDのレビューを公開しよう。




まずは、「RegaSound」の新譜『Valkyris』。
今回私が最も注目していた作品であり、何があってもこれだけは購入しようと心に決めていた。
本当にらむだーじゃんは歌が上手くなった。 
『Vivid Parasol』の頃は、どうしたものかと思ったけれども(笑)。

オススメは7曲目の「Tempest」。
「明日ハレの日、ケの昨日」のアレンジ楽曲なのだが、ヘビーでギター演奏が物凄く格好良い。
カラオケに収録された際には、是非一度歌いたいところである。
全体的に心の琴線に触れる楽曲が多いのだが、収録曲数が8曲と若干少ないところは残念。




お次は、「SOUND HOLIC feat. 709sec.」の新譜『Endless Seeker』。
第1作目が「東方風神録」、第2作目が「東方妖々夢」からのアレンジ楽曲のみを収録しており
第3作目にあたる今作は「東方永夜抄」からのアレンジ楽曲のみで構成されている。

2作目の「Phantom Dreamer」から709sec.以外の歌手がゲスト出演するようになったが
今作ではその流れがさらに顕著となり、全11曲中6曲においてゲストが起用されている。
709sec.の声が好きなリスナーにとっては、若干物足りない仕上がりかしら(笑)。

オススメは8曲目の「蓬莱哀歌」。
709sec.の楽曲というと前述の「RegaSound」のようにロック調のアレンジ楽曲が多いが
この曲は哀愁漂うというか、一味違う。
SYO嬢と709sec.のデュエット曲なのだが、とても雰囲気が良い。

あと、「Night Bird」なんて懐かしい曲のRemixが収録されていたりするし、
付属の歌詞カードのイラストも美麗なので、そちらも要チェック。




「EastNewSound」の新譜『Felsic Mirage』。
このサークルの楽曲は、原曲を前面に出さず裏に使用するという特徴があり、
ひとによって結構好みが分かれる。
原曲重視派の諸君は、若干物足りなさを感じてしまうかな。 
無論、アレンジ自体はかなりハイレベルだ。

今作では、私が最も好きな「六十年目の東方裁判 ~Fate of Sixty Years」のアレンジ曲を、
某所で有名な葉月なのが唄っているということで、これが決め手となり購入決定。
オススメはそのアレンジ曲である「nothing guilty」の他、「花は幻想の果てに」あたりか。
後者はキャッチーなメロディで、つい口ずさんでしまう。 シャラランラ(^ω^)

全体的に「東方花映塚」からのアレンジ楽曲が多いが、
「眠れる恐怖 ~Sleeping Terror」や「恋色マスタースパーク」のアレンジ曲も収録されている。
委託価格1500円分の価値は十二分にある。




新品で購入したものは、前述の3作品だけ。
Alstroemeria Records」の新譜『of memories』は、
「まんだらけ」で中古で安く並べられていたので購入した。

「Alstroemeria Records」のアレンジも、
「EastNewSound」と同様に原曲を主旋律に用いないことで有名。
今作でも5曲目の「Pray For Answer」とかはその傾向が顕著に現れている。
これ“「信仰は儚き人間のために」のアレンジ楽曲です”と言われないと分からないと思うぞ。

編曲の上手さは群を抜いていると思う。 ここら辺はさすがと言わざるを得ない。
「東方Project楽曲のアレンジアルバム」としては正直微妙だが、
「トランス曲詰め合わせアルバム」として見るなら、これで委託価格1500円なら妥当。
私は中古で買ったが。

というか、もっと有名どころの楽曲をアレンジに用いればいいのに……と思うのだが、
そうしないところに、クリエイターとしてのプライドがあるのであろうか。
「天使伝説」のアレンジとか初めて聴いたわ。


今回購入したのは以上の4作品である。
今回紹介した作品は、いずれも各サークルのウェブサイトにおいてデモが視聴可能だ。
諸君にも是非一度視聴し、購入を検討していただきたいところである。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。