FC2ブログ

伏魔殿より愛をこめて

~ 『熾天使長閣下の華麗なる業務日誌』 ~

2008年04月の記事

閣下のステキな闘病生活

ひとは、誰でもひとつふたつは「ビョーキ」を抱えている。

ここでいう「ビョーキ」とは、すなわち「病気」とは似て非なる術語である。
他のひととは異なる変な癖や、半ば強迫的にやってしまうアレな行動――それが「ビョーキ」だ。
重度になれば精神科の通院や治療が必要となる場合もあるが、
大概の場合は笑い話のネタになる程度である。

そう、『ガープス』で1CP稼げる、あの「癖」のようなものだな。
もちろん、こんな話をするからには、このワタクシもまた「ビョーキ」を患うひとりであるワケだが。

私の「ビョーキ」――それは「お菓子を買うこと」である。
「そんなこと誰でも普通にやってることだろう」とお思いの諸君も居られるだろう。
私の場合、この頻度が半端じゃない。 異常なくらいに大量のお菓子を買う。 買いまくる。
しかも、始末が悪いことに、前日にお菓子を買ったという事実を忘れる(笑)。

そうなのだ。
私の「ビョーキ」は、買い置きがあるにも関わらず、お菓子を買い込んでしまうこと。
食べかけがあるにも関わらず、次々お菓子を開封してしまうこと。
しかも、翌日にはその買い置き・食べかけのお菓子の存在を、見事キレイサッパリ忘れてしまうのだ。

お陰で、私の家には、輪ゴムで止められた食べかけのお菓子が散乱している。
カバンの中にはキャンディやグミが……(実際に計算中)……ゲェ、14種類も出てきた!(笑)。
それで、そうやって忘れ去られた食べかけ達は――ある日まとめてゴミ箱行きである。
スナック菓子なんて開封したらすぐ食べないと、湿気てしまうしな。

なんという飽食! なんというムダ!
分かっているのに止められない、新商品が出ると必ず買ってしまう――それが「ビョーキ」。
ホント誰か助けて(笑)。 このままだとワタクシお菓子代で破産しちゃう。 馬鹿すぎる(笑)。

これって一生治らないのかしら(;´Д`)うぇうぇ
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。