FC2ブログ

伏魔殿より愛をこめて

~ 『熾天使長閣下の華麗なる業務日誌』 ~

2009年04月の記事

ASIAN PUNK GENERATION!?

昨日は、「あたりんぼう」のオープン例会に参加。
どうやら関西各地のサークルでオープン例会が開催されていたらしく、客の入りは若干少なめ。
静かな環境でセッションができるのは良いことなのだが、ちょっと淋しい感じかな。

今回は『サタスペ』のプレイヤー。
第一希望は『エンゼルギア 天使大戦TRPG The 2nd Edition』の卓だったのだが、惜しくも抽選漏れ。
ここのところ、抽選では無敗の強さを誇っていた閣下。 久しぶりに土がついたわね。
……どうでも良いのですが、新版の表紙に描かれたセラピア……なんだかブサイクな(以下検閲)。

さて、そんなこんなで『サタスペ』。 もちろん、こちらも新版。
私が地元でもっとも遊んだのは『Remix99』版だった。 『サタスペ』も息が長い作品であるよな。

今回の私のキャラクターは「香港出身で」「15歳の」「美少女芸能人」。
名前はクリスティーナ・ドーム前千代崎。 全くもって人間の名前ではない(笑)。
名前決定チャートを振ったら、苗字が「大阪の地名」という指定が出たのだ。 だからドーム前千代崎。

[環境値]は、驚異の【恋愛】5レベル(遊び人)、【教養】1レベル(原子人)、【戦闘】1レベル(雑魚)。
初期のカルマは道化師。 既に“死へのカウントダウン”が始まっている気が……
キャラクターのイメージとしては、スザンヌローラ・チャンを足して酷い部分だけ抽出した感じ。
喋らなければ可憐な少女。 口を開けば理解不可能な宇宙人。

「ワタシー、視聴率スゴイネー。 間違イナクぼんばぼんネー。 ヤッタヨー。」
終始こんな感じのロールプレイを続けていた。 今回は閣下、だいぶ頑張ったと思います(笑)。


さて、シナリオは短いものを幾つか遊び、途中にスピークイージーを挟むという感じで進行。
動物園から脱走したトラと格闘したり、家出少女を探してミナミをうろついたり、
依頼人の冤罪を晴らすために、チンピラどものヤサに殴り込みを仕掛けたりと内容盛り沢山であった。

しかしながら、我らがクリスティーナはといえば
新しいカルマが増えるたびに、《昔の恋人》《地雷踏み》などの危険な[代償]がバンバン追加。
《厄病神》と合せて、いろいろな局面でファンブルが発生しやすい危険生命体に変貌していく。
そのくせに、追加される異能は《死んだふり》とか。 ホント、役にたたねぇ(笑)。
今回、誰もキャラクターが死なずにセッション終了を迎えられたのは、ある意味奇跡に近いと思う。

久しぶりに『サタスペ』を遊んだワケであるが、やはりこういうトンデモな世界観のゲームは好きだわ。
行為判定や情報収集のルールも独特で、いろいろ参考にする点も多いしね。
ということで、楽しいセッションでございました。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。