FC2ブログ

伏魔殿より愛をこめて

~ 『熾天使長閣下の華麗なる業務日誌』 ~

2009年07月の記事

子の刻ラプソディ

閣下の夕食は、実はメチャクチャ遅い。

というか私の場合、食生活リズムが常人のそれとはだいぶ掛け離れている。
基本的に私は朝食を摂らない。 目が覚める頃には、既にお昼前だからだ(笑)。
12時過ぎ頃に昼食。 最近は我孫子の「ベーカリー ササノ」のパンか
西田辺の天麩羅屋「のとや」のランチしか食べていない。 両方とも、毎日通っても飽きが来ない。

そして、深夜0時過ぎに夕食。 夕食というよりも、もはや夜食である。
なぜこれほど遅い時間に夕食なのかと問われれば、即ち“後回しにしている”からに他ならない。
帰宅して面白いテレビ番組を観て、「RED STONE」に興じ、一段落するのが0時頃なのだ。
それから、毎日1時間ほど掛けて夕食を作る。 
私の中では、「食事を摂ること」は限りなく優先度が低い行為なのである。

「空腹にならないのか」と疑問に思うよな?
実は閣下、昔から空腹中枢が若干壊れており、空腹感というものを然程感じることがないのだ。
「お腹が空く」という感覚がよく分からないというか。 満腹感は感じるのにね。 難儀だ。
食べなくても別段ツラくはないのだが、栄養的にはそういうワケにもいかないしな(笑)。



今晩の食事は、冷やしうどん。
上に乗せられているものは、茹でたオクラ、大根、鶏肉、それから胡瓜と大葉、塩昆布を和えたもの。
写真では見難いが、うどんの下には千切りにしたキャベツが敷かれている。
「茹でる」以外の行程を必要としないため、破壊的な料理の腕前の私でも簡単に作れます。

しかし……このような生活リズムを続けていると、
たまに実家に帰った際など、19時頃に夕食を出されて非常に困ったりする(苦笑)。

「普段から規則正しい生活をしましょう」と言うけれども、
私にしてみれば、これが高校を卒業してからずっと続けている“規則正しい生活”なワケで。
いや高校時代も朝食は食べなかったな。 流石に夕食は19時に食べていたけれど。

どんな生活リズムでも、規則正しく続けていればそれで良いのよ。 うん。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。