FC2ブログ

伏魔殿より愛をこめて

~ 『熾天使長閣下の華麗なる業務日誌』 ~

2015年01月の記事

遊星からの物体BBA

1月度の「F-CON」は『墜落世界』のプレイヤー。
一応、『極楽艦隊・逆襲編(パラダイス・フリートRPG)』の用意はしたのだが、
参加希望者が居らず不成立であった。 むむむ、やはり古いゲームは人気がないのかしら。
「宇宙船に乗るゲームを持って行ったのに、飛ばずに地上へ墜落しました」ということか

今回の私のキャラクターは科族の渉外部。
変異が《生命感知》《加速》《散光》《電撃》と、お世辞にも有能とは言えない反面、
悪性変異が《部分麻痺》《手欠損》と微妙に嫌らしい。 ランダムだから仕方ないね。
まあ、そもそも渉外部の時点で、戦闘は得意ではないのだけれども。

科族の名前は元素記号に由来する、という命名法上の決まりがあるので
金属中最大の電気伝導率をもつ銀を選択。 名前はシル婆(しるばあ)。 シャレかよ
額に2本の触覚をもつババアで、電撃を自在に操る。
生体電流を感知したり、自身の神経に電気を流して亜音速で行動することも可能。

ちなみに、セッション開始時に各キャラクターひとつずつ資産を貰えることになった。
個人資産・全体資産を問わず好きなものを、ということだったので
私は科族専用の「良心破壊機」をチョイス。
使用することで、カンパニー全員の【攻撃】を+2するという強力な資産である。
戦闘中のババアの仕事は、至ってシンプル。
白目を剥き、口から泡を噴きながら、カチカチカチッと狂ったようにボタンを連打するだけ


他にも強力な資産で武装した我がカンパニー。
計6名も居るし、これは今回は全滅することはあるまい、と思ったのであるが
最初のフィールドイベントで、空から墜落船が降ってきて爆散
あまりにお約束な展開であるが、ババア以外全員[行動不能]になる。

キャラクター作成直後で資金がない我らには、
街区に戻って回復してから出直す、という選択肢はない。
いきなりジリ貧になってしまった一行であるが、そのまま宇宙船に乗り込み探索開始。

そして、あえなく全滅
資産と変異を駆使したものの、やはり全員の【生命点】が1では如何ともしがたい。
運にも見放され、ハザードは暴発させるわ逃走判定には失敗するわ。
今から思えば、プレイングミスもいくつかあったな。
まあ、キャラクターがゴミのように死んでいく様を愉しむのも、また一興か。


『墜落世界』、たいへんお勧めしたい逸品なのであるが、如何せん入手が困難。
私も基本ルールブックは所持しているが、サプリメントの『正面衝突』は持っていないしな。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。