伏魔殿より愛をこめて

~ 『熾天使長閣下の華麗なる業務日誌』 ~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

幽霊に遭いたい!?

諸君は“幽霊”や“UFO”などを見たことがあるだろうか。

昨夜の「セルフィちゃんねる」での話題なのだが、みな結構このテの存在には遭遇しているようだ。
かく言う閣下は、そういう類のものに遭遇した経験は一度もない。
霊感も全く持ちあわせていないし、金縛りなどの神秘体験に遭ったこともない。
だが、幽霊などの超自然的な存在はわりと信じている。 オカルト関係の話は大好きだからな。

一度でいいから、実際に幽霊をこの目で目撃したいものだ。
霊感体質の方に言わせれば「幽霊なんて見ない方が良い」となるかもしれないが、
私に言わせればホエールウォッチングと同じで、一生に一度くらいは経験したいことだったりする。
実物に遭遇すれば、「幽霊は実在する」という私の観念もより確信に近づけられるだろうし。


ちなみに話は逸れるが、私は「血液型別性格判断」の類も信じていたりする。
理系の諸君からは蛇蝎のごとく嫌われているが、
人間を構成するもののうち、他人と決定的に異なる(そしてある程度分類できる)ものは「血液型」だ。
その「血液」が人間の性格決定に影響を及ぼしていないなどと、誰が立証できようか?

もちろん、“血液型だけ”で人間の性格が左右されるとは思っていない。
幼少期の生活環境なども大きな要因であろうことは間違いない。
「血液型別性格判断」がオカルトか科学かと訊かれれば、それはオカルトの類に属するだろうが
真か偽かと問われれば私は「どちらとも判断できない」。 少なくとも「完全な偽」ではないと思うね。

逆に「UFO(未確認飛行物体)」に関しては、私は限りなく否定的な立場である。
「異星人が存在するか」と問われれば「存在する」と回答するが、
「地球から往来できる宙域に異星人が存在する惑星があるか」と問われれば、答えはノー。
UFOの存在を信じていない人間が、火星人が襲来するゲームシステムを作るというのも変な話だな。


話をもとに戻すと、「一度でいいから幽霊を見たい」ということだ。
以前にも書いたとおり閣下は滅法“恐がり”なのであるが、これに関しては好奇心のほうが勝るわ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。