FC2ブログ

伏魔殿より愛をこめて

~ 『熾天使長閣下の華麗なる業務日誌』 ~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「普通の軍人には興味ありません」

昨日は「サークル イル・ガルテン」のオープン例会に参加。
ピロシ氏も一緒に参加する予定だったのだが、当日の9時半に「いま河原町」というメール。 ( ^ω^)……。
当然10時からの開会式には間に合わないので、結局は私ひとりだけ参加することに。

まあ、イベントスケジュールを確認しなかったピョロンゲが悪いのは間違いないのだが、
10時開会はちょっと早過ぎるとも思わなくはない。 大阪以外の近府県からは、なかなか行けないよな。


今回私が参加したのは、むねくら氏の『天使大戦エンゼルギア The 2nd Edition』。
例のごとく今回も司令官枠。 私にはギアドライバーは無理だよ(笑)。 主人公属性もヒロイン属性も無いからね。
とはいえ、そろそろキャラクターのネタが切れてきたのも事実。
今回も、最初はババア司令官にしようかと思ったけど、いつぞやのセッションで既にやったしな。
オカマ司令官という案も浮かんだが、似たようなのをつい最近やった記憶がある(笑)。

結局は、LEON氏の鶴の一声により女子高生司令官に決定。 クラスはオフィーツァ/アーティラリー。
特技は《支援要請》《演説》のほか、『ゲーマーズ・フィールド』誌に掲載された追加特技から《予測射撃》を選択。
《支援要請》は前回取得していなくて大後悔時代だったので、今回は忘れずに取得しておく。
いざとなれば《予測射撃》と組み合わせて、大量虐殺も可能だ(笑)。

今回はゲームマスターから「改大和型戦艦「播磨」」というゴツい戦艦を頂いたので、海軍大佐という立場である。
昼は普通の女子高生、しかしてその実態は海軍大佐。 ……あれ、ゲームマスター泣いてる?(笑)
祖父は海軍の英雄であり、戦艦「播磨」の最初の艦長であった。 つまり、祖父から戦艦を受け継いだのね。
さすがは天才的英雄の孫娘。 七光りなどに頼らずとも、実力で左官にまでのし上がった。

しかしながら、ここで困ったことがひとつ。 女子高生ってどんな言動をすれば良いの?(笑)
高校を卒業して数年。 閣下は、ヤツらの生態をすっかりと忘れてしまっていたのだ。
と、とりあえずアイドルのポスターを司令室の天井に張っておくか……「東方神……あ、いや「西方神起」と。

女子高生のロールプレイは、さすがに私のレパートリーにも無い。 
とりあえず、ハルヒでいいか。 まあ、原作読んでいないから、私の脳内補完による似非ハルヒだけどな。
「竹を割ったような性格」それでいて「神算鬼謀」。 現実主義、でも決して夢を捨てない。
「この船は、絶対に沈まないわ――だってアタシが乗っているんだから」とか、サラリと言ってしまえる。

涼宮ハルヒというよりは、涼宮ハルピンだったような気もするが……(´-ω-)気にしたら負け。


シナリオは、合衆国により破られた八門結界を修復するべく太平洋上へと向かうという内容。
基本的には前述の戦艦「播磨」艇内においてイベントが進行する。
結界修復のための人柱として名乗りをあげたのは、草薙伊音の双子の妹にして強力なミーディアムである草薙紫音。
姉妹間の確執や、作戦司令の思惑が絡み合う。 それですったもんだの挙句、天使兵襲来。 来た、見た、勝った
やはり、『エンゼルギア The 2nd Edition』では戦闘イベントは飾りに過ぎないと思うの(笑)。

今回はロールプレイの自己評価はやや低め。 もう少し上手い言い回しや、事の運び方があったなと反省。
慣れないジョシコーセーなキャラクターなんぞをやったのが悪かったのかしらね。
でも、これでまたロールプレイの幅が広がったかなとも思う。 次はもっと上手にやろう(`・ω・´)

次の機会には……ギ、ギアドライバーやっちゃおうか?(笑)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。