伏魔殿より愛をこめて

~ 『熾天使長閣下の華麗なる業務日誌』 ~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

疫病神様の通り道 ~ Darkest Road

一昨日は4月度の「サークル celestial」のオープン例会に参加。

事前予告のゲームマスター数がいささか心許ないようなので、一応ゲームマスターの用意はして行ったのだが
蓋を開けてみれば普通に沢山の卓が用意されておりました。 そんなものだよな。
ということで、私は普通にピロシ氏の『東方ゆうやけこやけ』でプレイヤー。

ここのところ原作キャラクターを演じることが多かったが、今回はオリジナルキャラクターを作成することに。
名前は嵐 歳星(Saisei Arashi)。 道教における“凶神の頂点”こと、太歳星君である。
能力は「ありとあらゆる災厄をばらまく程度の能力」。 幻想郷でも屈指の困った疫病神だ。
本人曰く、「これは災禍ではなく試練」「人は試練を乗り越えてこそ成長する」。 お前は万難地天 紀柳か(笑)。

長く地霊殿の深淵に封印されていたが、『東方地霊殿』にて発生した異変に乗じて地上へとやって来た。
妖怪の山に住み着き、山の妖怪に“試練”と称して不幸をばらまいている。
金髪縦ロールという髪型で、黒のゴスロリ姿。 性格は至って温厚だが、たまに腹の黒さが垣間見える。

ちなみに、天敵は厄神の鍵山 雛。
災厄を吸い取り、「厄をため込む程度の能力」を持つ雛と出会うと、お互いに対消滅してしまう
まあ、どちらも神様なので暫くすると復活するのだが。 輝夜と妹紅のような関係に近いか。
歳星は、雛とは逆回転で回る。 厄い。 というか痛い子。

特技は《さだめ》《すごいいたずら》などの嫌がらせ系特技を中心に取得。
“しっぺ返し”を体現するために《おにうつし》、神様なので《かみおろし》《ふじみ》なども忘れない。
しかしながら、今回一番非道い性能を発揮したのは《いえがみ》。
セッション後半になると、ほぼ毎シーンのように[ふしぎ][想い]が30点以上手に入る。 これはおかしい(笑)。


シナリオは、射命丸 文が中心となり“とある新聞の特集記事”作成のために“とある写真”を撮ること。
その写真のテーマとは「BBA」。 日本語に訳せば「幻想郷の美熟女」。 というかババア
被写体候補は八雲 紫、西行寺 幽々子、八坂 神奈子、八意 永琳、そして聖 白蓮。
どいつもこいつも、実力は幻想郷トップクラス(実年齢もトップクラス)のラスボス集団である。

もちろん、正面から堂々と「今回はババア特集です」と言って写真を撮りにいくのでは、命が幾つあっても足りない。
あの手この手でババアたちを騙し、“奇跡の一枚”を入手してまわることが求められる。
まあ、「ダブルスポイラー ~東方文花帖」も発売されたことだし、こういうシナリオも面白いと言えよう。


しかしながら、不思議なものである。

ほんの数ヶ月前までは「東方Project」の「と」の字も知らなかったというのに、
「ニコニコ動画」で、かの有名な「Bad Apple!! feat. nomico」の影絵PVに出会い、
いまでは旧作含めほぼ全てのキャラクター名を熟知し、「映姫様は俺の嫁」とのたまうまでになっているのだから。
ひとの趣味の移り変わりというものは、分からないものよ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。