FC2ブログ

伏魔殿より愛をこめて

~ 『熾天使長閣下の華麗なる業務日誌』 ~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「広報活動」に関する考察と提言

これは私の古巣である「立命館大学TRPG倶楽部」の諸君、特に渉外担当者に宛てた話である。
まあ、内容は至って当たり前の事柄なので「何をいまさら」と思われるかも知れないが。

コンベンションの広報活動とはどのようなものか。 
また、渉外担当者の役割とはどのようなことか。
前出の倶楽部では、年に2~3回のコンベンションが企画・開催されるのが慣行である。
その際、多くの参加者に来場してもらうためには広報活動は欠かせない。

では、ただ単に他サークルのコンベンションに出向き、受付でチラシを置かせてもらったり
閉会式の場において壇上に立ち告知を行うことが広報活動かといえば、閣下はそうは思わない。
そんな単純なプロセスで満員御礼になったら、誰も苦労はしないのだ。

もちろん、上記のようなプロセスも決して無意味であるとは言わない。
やらないよりはやったほうが断然良い。 しかしながら、それだけでは十分とは言えない。


私が現役の頃に、なぜ関西各地のサークルのオープン例会やコンベンションに足繁く通ったか。
無論、私自身がそういったイベントに参加することが好きだったからであるが、
狙いはそれだけではなかった。

端的に言えば、「顔と名前を外部に売るため」である。
「立命館大学TRPG倶楽部にはどんなヤツがいるのか」を、他者に知ってもらうためである。
同倶楽部は学内活動が主体であり、対外活動は前述のとおり年に数回のコンベンションのみ。
つまり、こちら側から積極的に外へ出て交流を行わない限り、
外部の人間がこちら側の内実を知る機会は乏しい。

日頃どういう活動をしているのか分からず、
どのような人間が在籍しているかも分からないサークル。
経験不足ゆえに、イベント運営能力にもマスタリング能力にも劣ると判断されがちの大学生。
(いまはどうかは分からないが、数年前は本当にそう思われていたのだ)
そんな連中が、京都の北のはずれでイベントを開催し、果たして参加者が集まるだろうか?


コンベンションを行うのは「人」である。
「何を行うのか」も大切なファクターであるが、並んで「誰が行うのか」も重要である。
知らない人間が開催するイベントよりも、知っている人間が開催するイベントのほうが、
参加者の敷居は低い。
「○○さんが居るから」「××さんがゲームマスターをするから」 それが参加の動機となる。

諸君には、コンベンション開催の1ヶ月前だけ外部イベントに出掛けるのではなく
常日頃からアチコチのいろいろなイベントに参加してほしいと思う。
多くのセッションを行うことで見聞が広がる。  友人・知人も増える。
サークルによっては事後に参加自由の食事会があったりもするので、
そういうものに参加するのも良いだろう。

最初は周囲に知り合いも居らず、肩身の狭い思いをするかも知れない。
とはいえ、全体でもたかだか数十名程度の小さなコミュニティ。
数回ほど各地のイベントに参加すれば、自然と知り合いが出来るものである。
みな同好の士なのだし。

「交通費や参加費がかさむ」というならば、倶楽部の活動費から補助金を拠出してもよい。
というか、かつて私がそういう制度を取り決めたハズなのだけれども。

「卒業したのに、いまだにサークル運営に介入する気か。この老害め、爆発しろ。」と
思われるかも知れない。そう言われると返す言葉も無いので、
こうして自分のblogでグダグダ言うだけに留めておく(笑)。
「言われなくとも既にアチコチのイベントに参加していますよ」というのならば、
この記事自体を無視してくれて構わない。

でも、サークルで4年間を過ごした身としては、やはり何かと心配になるし案じたくもなる。
今後も10年、20年と活動を続けていって欲しいしな。
親心みたいなものなのかね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。