伏魔殿より愛をこめて

~ 『熾天使長閣下の華麗なる業務日誌』 ~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レトロスペクティブ京都・大阪

黎明の子、明けの明星よ、あなたは天から落ちてしまった。
もろもろの国を倒した者よ、あなたは切られて地に倒れてしまった。

                     「イザヤ書」第十四章十二節

千年の期間が終ると、サタンはその獄より解放される。
                     「ヨハネの黙示録」第二十章七節


26日、27日の二日間を利用して、久しぶりに関西に旅行に行ってきた。
昨年の9月以来だから、約半年ぶりの帰洛・帰阪ということか。
本当はもっと頻繁に「F-CON」にも参加したいのだが、
いま少し時間と予算が頂けないことには難しいのだよ。

まずは、サンダーバードに乗り「京都」駅まで。
そのまま「大阪」まで行かなかったのは、「京都駅前駿河屋」で丁稚羊羹を買うためである。
「駿河屋」という名前の和菓子屋(あちこちに暖簾分けされたため)京都各地にあるのだが、
この丁稚羊羹は京都駅前の「駿河屋」にしか置いていない。 (´・ω・`)系列が違うの?



それで、この丁稚羊羹。 大きな栗がゴロっと入っていて本当に美味なのだ。
京都に行ったら、これを買わずして帰ることはできない。

丁稚羊羹を購入後は、そのままJR線と地下鉄御堂筋線を乗り継ぎ「心斎橋」駅まで。
今回のメインイベント「大阪ぐるりお買いものツアー」……の前にランチタイム(*´∀`)



心斎橋でランチと言えば、やはり「北極星」のオムライスを置いて他にはあるまい。
閣下がオーダーしたのは「明太子とシーフードのオムライス」。
醤油風味の明太子ソースがたっぷりとかかり、
卵のなかにはイカやアサリなどの魚介類がザックザク。 美味。
さすがは老舗。 伊達や酔狂で80年以上もの間、オムライスを作り続けているわけではない。

食後は、「まんだらけ」「WEGO」「サンキューマート」「とらのあな」などを回る。
「WEGO」は福井にもあるが品揃えは大阪のほうに軍配が上がるし、
東方Project関連のグッズやアレンジCDは、やはり前述のような専門店に出向く必要がある。

16時過ぎには地下鉄堺筋線と阪急電車を乗り継ぎ、再び京都へ。
今回のメインイベントのひとつである「閣下と美味しいトンカツを食す晩餐会」である。
場所は、恐らく京都で一番有名なトンカツ専門店「かつくら」。 
学生の頃、よく食べに行ったお(´-ω-)しみじみ。

参加メンバーは、私、ピロんげ、会長閣下、ヒラキ氏、および「サークルcelestial」の柊氏。
特にヒラキ氏は遠く愛知県からの参加である。 ありがたいね(´・ω・`)



写真は、閣下がオーダーした「桃園豚ロースかつ膳」。
お値段はいささか張るが、せっかく京都までやって来たのだから多少の贅沢は良いよな。
肉厚だが、とてもやわらかくジューシーで、ほのかな甘みが感じられる。 まさに絶品。

しかしながら、「桃」で「豚」ということで、もはや比那名居 天子しか浮かばない
素晴らしく美味であるトンカツをつかまえて、「てんこ豚」呼ばわりする我々。 最低(笑)。

晩餐会のあとは、東方ヴォーカルアレンジ限定のカラオケ。
らむだーじゃん(「RegaSound」)の人気に嫉妬。
会長閣下と私とで、ほぼ唄い尽くしてしまった。


夜は、適当にインターネットカフェに泊まろうかと考えていたのだが、
ピロんげの好意で自宅に泊めてもらうことに(*´∀`*)ワーイ。
自宅は東山区だと聞いていたので、
「祇園あたりの町家かな」と思っていたのだが、実際は渋谷通の坂の上。 
すぐ隣は「豊国廟」。 思いきり人里離れた山奥である。 ギギギ、傾斜がツラいわね。

ともあれ、深夜の突然の訪問にも関わらず、温かく歓迎してくれたお母様。
翌朝の食事まで用意していただき、本当に有り難うございました。 
たらこおにぎり(´∀`*)美味しかったお!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。