FC2ブログ

伏魔殿より愛をこめて

~ 『熾天使長閣下の華麗なる業務日誌』 ~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

光の聖女伝説

2月度の「F-CON」は『アサルトエンジン』のプレイヤー。
同作品は富士見書房のウェブサイトで無料公開されている、ファンタジーRPGである。

キャラクターは学園機関アサルトエンジンに所属する生徒であり、
人類の守護を使命とする超越者(ハイランダー)となる。
学園に持ち込まれる依頼や、教師から与えられる課題をこなしながら、
人類の仇敵である始祖(ジェネシス)、変異種(モルフ)やクリーチャーと対峙する。

正直、世界設定はファンタジーRPGにありがちなパターンだとは思うが、
「ウィル」というヒーローポイントを使用したベットシステム(賭け要素)はなかなか斬新。
具体的に言うと、まず仲間の行為に対して他のプレイヤーが任意の数のウィルを賭ける。
行為判定が成功すれば賭けたウィルが倍になって戻り、失敗すればボッシュート。

ウィルは行為判定の振り直しやダメージの増加等に使用するため、
一度賭けに失敗してウィルがなくなると、途端にジリ貧になってしまうのだ。
ちなみに、セッション中は各自このようなシートとマーカーでウィルを管理する。
まるでカジノで遊んでいるようだ。



私のキャラクターは[ベース:エレメンタラー][アザー:プロミネンス]。
生きながらにして列聖された修道女。正真正銘の聖女である。

修道院において敬虔な祈りを捧げる毎日。 その時、彼女は神の声を聞いた。
その内容は「お前が死ねば、世界に恒久の平穏がもたらされる」
ただし、自殺や愚かな戦いによる死では意味がない。
預言に相応しい強大な相手と熾烈に争い、全てを賭し、その末に死を迎えること。
ゆえに、彼女は自分に相応しい死に場所を求めている――全世界の平和のために。

なぜこのような設定になったかと言えば、キャラクターの[背景]をランダムに決定した際に
[運命:高潔][瑕疵:死にたがり]と出たからである。
「高潔な死にたがり」って何やねんということで、上記のような尼さんとなったのだ。

恐らく私が聞いた声の主は、神ではなく悪魔に違いない(笑)。

ちなみに設定こそ高潔ではあるが、セッション中は隙あらば開運のツボを売りつけ、
ツボの購入を拒んだ者を「悪魔だ、クリーチャーだ」と罵る詐欺師みたいな女
であった。
演じているのがアタクシだから仕方ないね(´・ω・`)


初めて遊ぶゲームだったので、データ面は経験者の星住氏にほぼお願いした。
威力の高い《フォアフロント》を《スフィア・エレメンタラー》でばら撒きつつ
《プロスパリティ》《ブリリアンス》で味方を支援、ウィル枯渇による息切れを防いだ。

ちなみにキャラクターレベル4にして、行動値は驚異の21。 私には誰も追いつけないよ!
尋常ではない速度から《神の怒り/Wrath of God(10E)》たる《フォアフロント》で
盤上の敵を薙ぎ払っていく姿は、正しく聖女であったに違いない。

ちなみに、セッションはシナリオ2本立てで
1話目は鉱山を舞台としたダンジョンもの、2話目はシティアドベンチャーであった。


総じて、よく出来た良いゲームシステムであると思う。
これほどの作品がウェブサイトで無料公開されているとは、私は全然知らなかった。
ひと通りルールも把握できたし、他にも使ってみたいシークエンス、アーツがある。
機会があれば、また遊んでみたい。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。